考案者トシ
考案者トシ

DragonTraderシグナル考案者のトシ。投資経歴、約20年。
慎重で堅いトレードにより、コツコツと資産を増やし、現在1億円近い資産で運用中。
トシの口座資産評価額

Q. パソコンアプリを使用して株式市場で資産運用をされているとの事ですが、まずはこのアプリについて教えてください。

考案者トシこのアプリは4年前に完成し、限定販売で500名程度の方々に継続利用をして頂いています。ご利用者様にはご自身で証券口座を開設頂き、表示された銘柄の注文を夜のうちにして頂くだけで資産運用が出来るようになっています。

Q. 株式のトレードでリスクはありませんか?

考案者トシ当然、ご利用者様ご自身で注文頂くのでリスクはあります。しかし、アプリに表示されるシグナル通りにトレード頂く事で、年間を通して結果して平均23%の利益を上げて頂いています。

Q. やはり株の経験が豊富な方が利益を出されているんでしょうか?

考案者トシいいえ、実際には株の初心者の方でも安定した利益を出して頂いています。ご自身に株の経験がある方は、アプリを無視して自己流の判断を入れる事で、利益が少なくなってしまう事もあります。

初心者こそ安定利益が出ます

Q. 利益が出る仕組みはなんですか?

考案者トシ1銘柄の購入金額は運用資産に応じて決定しますが、5万円から多くても50万円以内です。1銘柄での勝率は約80%として、利益率は平均+15%になり、安い金額で沢山の銘柄を購入する事で利益をコツコツと積み上げて頂いています。
つまり、当たる確率が80%の機関銃で弾を数多く撃つようなイメージです。

マシンガンのようにシグナル銘柄を掃射

Q. なるほど、沢山撃つ事で小さな利益を積み上げて行くんですね。

考案者トシはい。実はこのアプリは、ファンド会社から「運用システムに適用させてほしい」というご要望も頂いております。余裕資金に応じて、プロ並みのトレードをして頂けるような仕組みになっています。

Q. 余裕資金というとどのくらいになるのでしょうか?

考案者トシ弊社では100万円から1億円を越える方のご利用を頂いております。社内でも試験的に500万円からの運用をしており、現状では1年の実現損益が+115万円になっています。

Q. 利益になるのであればなぜ販売をされるのでしょうか?

考案者トシ要は僕に開発費が無かったためです。
当初は僕が手作業で日々銘柄抽出をしていましたが非常に労力がかかる作業でした。コンピュータで計算出来ればもっと早く間違う事なく抽出できると考え、IT会社に依頼をしたところ、数千万円の開発の見積もりが出ました。さらに株価サーバー管理やサポート等の維持コストも年間で同じくらい必要でした。

この時は、僕の運用資金が全て飛ぶためにコンピュータ化は断念しました。
その後、開発会社が、このシグナルの精度について30年間の全東証銘柄の株価データを元に、市場の状態や何度かのショックが発生した時にも、安定した利益を出し続けている事を独自に検証してくれました。
そのため、商品化してご利用料として販売させて頂くと同時に、社内でも資産運用して開発コストに充てて貰っています。
僕は無料でシステムを開発して貰い非常にラッキーでもありました。

Q. 開発コストを捻出してくれたんですね?

考案者トシ僕の知り合いだったという事もあり、また、このシグナルが本物である事が検証できれば商品価値があると判断したようです。僕としても30年以上前からの株価データで検証できるとは考えてもいませんでしたし、そのような過去から通用していたものであるという事が実データでも検証できてよかったです。

Q. シグナル通りにトレードするだけであれば、老後も安心して資産運用できそうですね?

考案者トシ今は大企業でもリストラしたり倒産したり身売りをしてしまうような時代です。老後の生活費等の心配もあります。
今の時代は、個々の方々が株式投資をして運用する必要が出て来まし
たので、このアプリで老後を心配されている方々の不安も解消できればと考えています。
ただ、ソフトの性質上、多数の方々にはご利用頂けません。ご利用頂ける方々の人数に制限を設けていますが、お問合せ頂き空き枠が有れば販売させて頂いています。

Q. 今後のアプリの改良予定はありますか?

考案者トシアプリの操作自体は要望があればすぐに検討してバージョンアップを繰り返し、いつも最新版をご利用頂けるようになっています。
それ以外に、僕個人として会社にはデイトレが出来るシグナルや、順張りのシグナルに関しても、検証して貰っています。
DragonTrader販売にあたっては、今回は信用売りシグナルを追加していますが、今後も新たなシグナルで検証が良ければ、シグナルとして追加していきたいと考えていますので、ご期待ください。

カテゴリー